しりうす

NEWSの先生と嵐の濃い人を主に応援してるゆるヲタのニッキ。仕事のこともあるかもしれない

24時間テレビをやる松島くんへ

2月になりましたがあけましておめでとうございます(時差)

今年もゆるゆるやります。

 

sexyちゃんたちのツアーも発表、申込、当落も出て、お前誰担…???って問われる結果になっていますが、今日久しぶりにブログ書いたのはどうしても24時間テレビの話をしたかったからです。

 

Sexy Zoneの皆様、本当に24時間テレビのメインパーソナリティーおめでとうございます!!!!!!

 

(以下、個人的かつ主観的な話になります。また、センシティブな話ゆえに、お気を悪くされる方もいるかもしれません。ご了承下さい。)

 

おととし、NEWSのメインパーソナリティのときに24時間テレビに初めてちゃんと接しました。

わたしは生まれつきの聴覚障がいがあり、だからこそ、24時間テレビは好きじゃなかった。メインパーソナリティーがNEWSと決まる、その瞬間まで、見たくなかったけど加藤くんに惹かれて見ました。単純なやつです。

 

24時間テレビは、決まったその瞬間から、終わったあとの雑誌まで、ずーっと秋口まで走り続ける企画。

あのとき、NEWSを好きな自分は、NEWSの、シゲとの、夏をどうしても迎えたくてずーっと日テレに張り付きました。笑

Tシャツが決まった時がドームの前日で、蜷川実花さんのTシャツはいまもおきにいりです。とてもかわいくて2枚、買いました。MCでみんながかわるがわるかわいいねってTシャツをほめてたのを覚えています。

ドラマがシゲにきまったとき、仕事中だけど会見映像のキャプを見まくって先輩に笑われました。笑 ドラマ嬉しかったなあ。わたしは何度も言うけどシゲのどん底時代を見ていた人間だから、シゲがたくさんお仕事をもらってる今が一番見てて楽しい。たくさん見逃してるけど笑、でもずっと追ってたあのときも、いまのマイペースに追うときも、加藤くんの昔を思い出しながら見てしまう。どうしてもその癖は抜けなくて、加藤くんは顔がとか性格とかじゃない好きな理由がやっぱりあるな〜って思っていた。

観覧に奇跡的に当たったと知ったあの日、友達とみなとみらいの公園にいて、ギャーって叫んだのを覚えてる。台風の翌日だったな。

そして、観覧入る三日前くらいの例の事件は本当にびっくりした。わたしは彼のことは嫌いではなかったから、まさかそんなことを大事な日の前にしてしまう人間だと思わなかった。もうNEWSに試練を与えてほしくない…って思っていた。代役の小山さんも、もちろん加藤くんも、もちろんスタッフの皆様も、本当に素晴らしかったと思う。

当日、キラキラした4人が愛なんだを歌いながら階段を降りてきた時、本当に心がきゅんとした。見たかったのはこの光景だった。

マラソンランナーとか、そのほかの企画もNEWSの皆さんといっしょに見れた。CMのあいだは水を飲んだり、メイクしなおしたり、台本読んだり。小山くんなんかは結構ファンサもしてくれた。なにより、スタッフの皆さんが、いっしょにわたしたちを盛り上げようとしてくれていたのが印象的で、とっても楽しかったな。

コンサートにないテレビの仕事をする自担が好きだと言う話は、松島くんが春高バレーのやってたのを見に行った時もしたけど、本当にそう。テレビに出る、一瞬の表情がすきだし、このまえはちゃんと勉強してる顔を見るのが好きだったな。

 

障がいと聞くと人とは違う劣ったところというイメージがあるし、わたしは障がいは個性というつもりはさらさらない。どうしても聴こえない音はあり、不便を感じることももちろんある。

個人的ながらわたしの仕事は、いろんなお客さんの病気と接するので、またこのようなことを考えることが多い。わたしたちが当たり前に食べたり飲んだり歩いたり考えたりオタクしたりお金を稼いでいることは、当たり前のことではないということを毎日認識させられている。

 

24時間テレビは、そういうことを少しでも気づかせてくれる番組だと思う。ほぼ24時間彼らと同じ景色を見ると、当たり前を大事にすること、楽しいことは楽しいと発していかないといけないなと思った。

NEWSの作った夏は、やっぱり「愛」のごとく、優しい色をしたいたように思う。

 

 

わたしが松島くんを好きな理由のひとつが、その声。

優しくてとろっとした声がとても好きだな〜って聴くたびに思っている。ちゃんと聴こえないくせに、聴こえないからかもだけど、わたしはかなり耳で人を判断する。

わたしは「耳が聞こえない」というのは、どういうことかというと、新しく聞く音(声)を言葉として認識するまでが長いということだと思っていて(難聴の種類にもよる)、

職場を異動したりする度に大変なのは、聞こえない訳ではなくて、まず話す人の声の発する音を、言葉として認識することだと思う。(説明下手)

 

松島くんの声はわりと初めてらじらーをちゃんと聴いた時からスっと言葉として聴こえたところがある。

これはシゲにはなかったことだった。加藤くんは、繰り返しにはなるが顔とかより生き様やその努力が好きなのだと思う。対して、松島くんは声からスっと入って気になった部分があり、しかもたまたまそれが18歳最後のらじらーだったので、ますます気になったみたいなところがある。笑 (もちろん顔も壊滅的にカワイイ)

 

そんな素敵な声をもってる松島くんは、絶対に人を幸せにできる力がある。現に自分がそうだし、松島くんが24時間テレビをやるのは、松島くんにその力があるということだってこと。

松島くんはいつかのとき、自分の声が好きじゃないなんて言ってたような気がするけど、そんなことは絶対にない。支えられた人はたぶん私だけじゃない。松島くんの声にどきどきしたりきゅんとしたり笑顔になる人はたくさんいるはず。だから松島くんは自信を持っていいんだよ〜ってわたしは松島くんに言う機会がもしあったら言う笑

 

もしかすると、NEWSのときみたいに、いろんなハプニングがあるかもしれないけれど、Sexy Zoneの5人、そしてファンはきっと支えられるだろうなって思っています。半年間でじっくり布教していこうね!←

 

Sexy Zoneの作る夏はやっぱり薔薇色なのかな?でも、もっと素晴らしい色なんだろうなあ〜とも思う。期待しかしていない!