読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しりうす

NEWSの先生と嵐の濃い人を主に応援してるゆるヲタのニッキ。仕事のこともあるかもしれない

私ジャニオタ、CHEMISTRYのコンサートに行った話をする

CHEMISTRY LIVE -TWO- 3/1

行ってきたよ!!!!!!!!!!!

 

最高だった!!!!!!

 

CHEMISTRYさんといえば以前の記事にもあるけど自分が中学の頃がピークで、あの頃はほんとに堂珍さん好きだったし、コンサートいっていろいろ思い出したけどCHEMISTRYはじめてのワンマンライブ(自分でチケット取った)だったり、はじめて自分でテレビ録画したり、はじめて番組編集したり、はじめてファンクラブ入ったり、はじめて自分のお金でCD買ったり、はじめて部屋にポスター貼ったり、とにかく中学の頃のいろんな『はじめて』を詰め込んだ記憶が沢山だった。

嵐さんもそういうのはあったけど、それとは違う本当になつかしくて大好きで宝物みたいな思い出がたくさんあった頃のことを純粋に思い出したし、CHEMISTRYを好きだった自分を恥じるとかやっぱりないわ(もともと恥じてないけど)って改めて思った。

彼らはやっぱりどこまでもかっこよかったし、CD以上の声を届けてくれてたし、トークはジャニーズのコンサート行ってばかりだからか物足りないけど笑、言うなれば親戚の全然会ってなかったかっこいい年上のお兄さんたちに久々に会ってやっぱりかっこいい!って思ってるあの感じ(意味不明

 

ここのブログを読んでる人がCHEMISTRYファンなのかジャニオタの皆様なのかわかりませんが、自分基本はジャニオタなのでジャニオタ目線で書いていこうと思います( ¨̮ )

 

*ジャニオタ用のCHEMISTRY入門講座*

(誰も求めてないだろうけど勝手にやる)

CHEMISTRYとは?→ASAYANオーディションで選ばれましたおふたりです。EXILEのあつしさんなども出てましたね。

曲の解説はあとでしますがジャニオタなので声質のバランスは個人的にはテゴマスと相通じるものがあると思っていて。もう絶対堂珍さん→増田くん。要さん→手越さん。要さんの声はよく伸びて攻めていく声でもありますが、堂珍さんはやさしく包んでくれるような声です。

CHEMISTRYの初期は松尾潔さんがプロデュースしてくれていました。そう、テゴマスの『サヨナラにさよなら』の人です。JEさんよくお2人の声質に気づいてくれたサヨナラにさよならの発表の当時新曲云々よりわたしは「松尾さんじゃん!!!!!!」と発狂しました。ちなみに曲もやっぱそれっぽい!っておもいました。純粋なケミストリーファンが聞いたら怒るかもしれないけど笑

 

サヨナラにさよなら

サヨナラにさよなら

 

 

 お二人の紹介を簡単にします

 f:id:maymeeeeei-22:20170302221252j:image

堂珍さん(向かって左が多い)

先程も言いましたがやさしく包んでくれるような声をお持ちの広島出身の方です。堂珍という苗字は日本で数件しかないようですね。

黙々としたイケメンだと思いますがかなり天然な方です、ただ思ったことをそのまま述べるとライブで仰ってたのでそのようです。

改めて思いましたがスタンドマイクが似合います。NEWSのえまちゃんとかチャンカパーナちゃんとおなじくらいスタンドマイクが似合う方なんじゃないでしょうか。(個人的意見・超)

 

川畑さん(向かって右がおおい)

デビュー当時はブラサンで工事現場の兄ちゃんみたいな感じでしたが立派にかっこよくなられました。ともかく伸びる素敵な声をお持ちです。そのへんも手越さんのような伸びやかな声とピッタリだなとしみじみします。デビュー当時はどちらかというとひたすらに声量があるパワフルさがあったのですが、今回はそれに加えて大人の余裕?みたいなのもあるなあとしみじみしてしまいました。

要さんは某テーマパークの某クマ系アトラクションをデビュー前に作るのをお手伝いされていたとのことですという豆知識。

 

 

…ここまでまだ本編の話何一つしてない衝撃wwwもう1500字も使っているwww

 

ここからはセトリかつ自らの感想をダダ漏れさせます\(^o^)/

引用は一応歌詞サイトを確認していますが間違いがあれば申し訳ないです。

あとあくまで個人的な感想ですのでお手柔らかに見ていただけると幸いです。

 

PIECES OF A DREAM

オープニングからふたりのハーモニーが凄すぎて鳥肌たちました(´;ω;`)そして、デビュー曲!CHEMISTRY深く知らないよって人も、ゆーごー(思いは〜思いのままで〜)やこの曲は知ってる方も多いと思います。

わたしはデビュー当時はそこまで知らなかったのですが、ハマってからPV集とか見ると当時の堂珍さんはかなり元ひきこもりっぽい感じが凄かったし笑、川畑さんもオラオラしてましたw

わたしは堂珍さんの声が大好きなので

キミが最後に詰めた ユメのカケラたちは今 どうしてる?ボクは…

 

のところがすごく好きです( ¨̮ )

10年以上経った今でも、生で聴くとああやっぱりこれが堂珍さんだし、サビを聴くとこれがCHEMISTRYだってなりました〜♡

 

*FLOATIN'

ライブの定番ですね。っても2回しか行ったことないけどw中学の当時からこういう曲(アップテンポな踊れそうな曲)好きだったのでジャニヲタの素質は充分あったんだろうなと思いますw

余談ですが今回ペンライトがなく、日頃ジャニーズでペンライトとうちわをだきしめる日々を送ってきた自分としては最後まで無駄に緊張して肩こりになったり笑、手を振るにしてもなにか握ったような手をして振ってしまいましたw

 

Point of No Return

夏草が~で有名なこの曲ですね。私的な思い出は完全にPVです。2番サビの要さんの「なにもかも〜」のところからの堂珍さんの目がすっこいかっこいい←

この曲はリミックスアルバムでケツメイシさんとのコラボレーションもしてるのですがこれもかなりオススメです。このPVもいいんですよ(黙れ

(コンサートの感想を何一つ言ってない)

 

Between the Lines

Between the Lines

 

 これに先ほどのケツメイシさんとのコラボあります。結構好きです。

 

 

*It Takes You

きゃー!♡♡♡♡♡♡♡

ってなった、まあ、じつはセトリは前日に大体みて知ってたけど、に!し!て!も!

この曲はほんとすき。なぜなら2人が向かい合って歌うから。コンサートでもそうでした。ライティングもかなり好き( ¨̮ )/

わたしはこの曲からCHEMISTRYが好きになったので、すご〜く思い出深いんです。

思いが深すぎてもうこれ以上語ると気持ち悪いことを言いそうなので黙ります。ただこの曲はほんとに好きですw

 

*愛しすぎて

神セトリキター♡ここで愛しすぎていれちゃうおふたりほんと好き(^ν^)♡

いやもうテゴマスちゃんに歌って欲しいCHEMISTRYの曲ナンバーワンですよ、これを歌われたらわたしの命日だと思ってもいい。笑

愛しすぎてはもう全部好き。最初から最後の言葉も、メロディも、2人のファルセットも、全部全部わたしの好みだしおそらくファンの好み。ただ歌詞は2番の最初、

君の 好きな 言葉ならば 今も 言える ひとつ残らず

僕の 名前 そこにあると 信じたいけど

 

ここ。ここですよ。ここが至高( ˙◊˙ )

あとサビのあとの2人のファルセットほんとやばいから(^ν^)生で聴けて自分幸せ者だ、ってほんとに思ったwいろんなもやもやが消化された( ¨̮ )/

 

BACK TOGETHER AGAIN

 この曲はアルバムSecond to Noneに収録されているのですが(FLOATIN'のカップリングでもあるけども)このアルバム自体そもそも凄くいいし(わたしは聴きすぎてケース壊した記憶すらある)、その中でもこの曲は群を抜いて良くて好きでした。ていうかCHEMISTRYの曲はスルメ曲ばかりなので、大人になった今、あ、これいい曲みたいなのが多いのですがこれとゆーごーと、This Nightは筆頭だと思ってます。(まあ中学生の時にCHEMISTRY本気で好きだったことからちょっとおかしいかもしれないけれども)

余談ですがこの曲の前に挨拶的なMCがありまして要さんが「ただいま!」と仰ってくれるのですがそこはジャニオタ、「おかえり!」と声高らかに笑、叫びました、NEWSの復活コンサートでシゲさんもおなじことを言ってたんだなあと思い出してビックリしています。

 

 このアルバムはほんとすごい

Second to None

Second to None

 

 

 

*deep inside of you

*キスからはじめよう

すみませんこの曲は最近過去のアルバム借りて知った程度なので特段ない…笑 

CHEMISTRYはALL THE BESTを最後に一旦離れた人間でもあるのであまり偉そうなこともいえない( ꒪⌓꒪)

 

YOUR NAME NEVER GONE

わたしシングル曲でたぶん2番目くらいにこの曲好きなんですが、この発売の年に紅白でこれを歌ったんですよ。それで司会の人が曲フリで言ってた言葉が良くて、すごい感動したのを覚えてます。

そんな、思い出ある曲なので聴けて感動してしまいました。座って歌ってたのですが座ってもあの声量出るってやっぱりすごいんだなとも思ったし、座ってたので双眼鏡が大活躍でしたwwwwありがとう演出w一曲まるまる双眼鏡で覗いたぜ

 

*合鍵

合鍵と愛しすぎては初期のCHEMISTRYの曲の中で名作だと思いますがこれも生で聴いたのは初めてだったので興奮しました(^ν^)

まだわたしがガチガチのファンだった頃だから15年くらい前ですがNHKでアコースティックライブをやってたときがあって、そのときに愛しすぎてと合鍵は歌ってたのですが当時からほんとにこれは!やばいやつ!って思ってました笑

 

Naturally Ours

アシタヘカエル

 通称ナチュアワ、これは某お茶飲料のCMに使われてたので知ってる人も多そうだけどわたしもこの曲はCHEMISTRYにしてはかなり(当時)明るくて暖かい曲だなと思ってたので気に入ってました。照明も木漏れ日っぽい感じがとてもナチュラルですごいお気に入りです。

アシタヘカエルもその系統で優しくて暖かい、軽めの曲だなと思います。CHEMISTRYはそれこそ初期はある種重い曲が多かったので新鮮でしたし慣れるまでは驚きましたが、今回のライブではこのあたりの演出はほんとに好きです。とにかくゆあねいむ〜アシタヘカエルまででいろんな思い出が爆発しすぎてこまります。笑

 

almost in love

 CHEMISTRYでコテコテのラブソングといえばマイギフと君さがと白の吐息とこれだと思ってます(´^o^`)

今夜君を帰したくはない

っていう堂珍さん反則ですね( ^ω^)

わたしは白の吐息のほうがじつは好きなのでちょっと残念でしたが帰したくない堂珍さん聴けたので満足です( ᐛ )

 

白の吐息

白の吐息

 

 

 

 *Wings of Words

彼氏と付き合った時にわたしCHEMISTRY好きだったんだと話してたらこれカラオケで歌ってくれました、ガンダムの曲だったということをそのときまで知らなかった笑

あとこの曲でペシミストの意味を知ったりもした笑

(感想が適当になってきたしもはや感想がない)

 

伝説の草原

*キミがいる

*Independence

伝説の草原はサッカーの曲だったと思うんだけど、我らがNEWSさんもサッカーの曲やってるわ、と突然思い至ったりしていた( ^ω^)ただ伝説の草原、どのかアルバムか忘れてしまったので予め聞いておらず「聞いたことあるけどなんだっけ」とサビまでなってしまった(´^o^`)この系統だとTop of the Worldの方が好き〜というか、約束の場所あたりからのシングルはわりと好きでした(´^o^`)

キミがいるはめちゃくちゃ好きなのでまとめるのがもったいないくらい( ^ω^)♡聴けて幸せだった〜♡CHEMISTRYは愛しすぎてとかゆーごーとかの重い曲も好きだけどナチュアワやこれみたいな軽めの曲もほんと素敵だから〜(´^o^`)

 

SOLID DREAM

It Takes Youと両Aシングルだったのでよく覚えてますが明日へ背中をそっと押してくれるような優しい歌です( ^ω^)仕事のイライラモヤモヤが全部なくなってしまうほどやさしい声だったので明日からもがんばろう、って思いました(^ν^)

 

You Go Your Way

この曲で初の紅白に出たので彼らにとっては思い出深い曲かなと思いますが、むかしはわたしもまだ子供だったのでよくわからない気持ちだな、と思ってました(´^o^`)今思うとそんな経験はないけれどわかるような…?ってなってきただけ大人になったのかもしれない。笑

やっぱり大サビまえの

月が照らすから

の壮大さはもうほんとすごい。生で聴いてる!ってなった。笑 まわりのお客さんも数名泣いてたしわかるよ(><)

 

*TWO

デビュー曲のカップリングなんですけど、もともとすごい好きだったし絶対やってほしかったし(まあツアータイトルからしてやらないなんてないと思ってはいたけど)やってくれたので嬉しかった〜♡

デビュー曲の頃の二人の声で認識されていたので改めていま聴くと二人とも本当にカッコ良い大人の男性だな〜って思ったし改めて好きですね。

 

*君をさがしてた

はい君さが。君さがはマジで神曲だと思ってはいるのですがいかんせんその重さが凄すぎて私もあんまり日頃きかない。笑 君さがは名曲なのでいろんなバージョンがあって好きですが有名なのがPVにもなってるゴスペルチックのやつ(わざわざ調べてない人)

アンコール4曲のうちユメノツヅキを除いた3曲についてはテゴマスちゃんがM◯ェアあたりでコラボしたらどうなるんだろう、全テゴマス担が死ぬだろう、ついでにはなむけをケミストリーのお二人が歌ったら全私が死ぬなあと思って妄想してましたw

 

My Gift to You

マイギフのPVは横浜で撮影されているようなので、自分も横浜なのできゃーってなったのが印象的です。コテコテのラブソングなので気分が乗らないとなかなか自分は聞かないのですが笑、ケミストリーといえばデビュー曲とゆーごーとこれってくらい代表的ですよね。

 

*ユメノツヅキ

 ようつべで見て一回で好きだって実感したし現に好きだったしこれシングルカットするんですか?しそうですけどするのであれば歌番組でフルでやってほしいなとすごい思いました。歌詞に過去のシングル曲名があるんですよね。そういう意味で探すのも楽しい曲ですし明るくて好きです。やっぱり松尾さんのプロデュース曲は全体的に好みです。

活動休止になった時点は完全に自分ジャニオタを満喫していたし、正直言って5年ぶりなの?って感じでした。自分はもう13年ぶりとかでそこで時が止まっていたので一気に時計の針を回されてちょっと心が追いつかないくらい感動してしまいました。

活動休止に至った理由等はわからないからなんとも言いませんが、今後もひっそりと応援していきたいなと思いました。とにかく活動休止で泣いたファンの方を泣かせないという思いだけは・・・NEWSやKAT-TUNファンとしても持っていてほしいし自分も陰ながらではありますが見ていきたいと改めて思いました。

 

だらだらとりとめのない感想をひたすら書いていきましたが、個人的には一曲一曲にかかる思い出があまりに多すぎて、思春期に好きになったバンドとかってそういう効果があるんだなと無駄に感動しました笑

好きとかいう次元をちょっと超えた先に私にとっての彼らがいて、久しぶりに触れたらたっくさんあの頃を思い出してしまったのでさっきも言ったけど感情が追いつかなかったw泣けなかったのはむしろそのせいかもしれません。色々ありすぎた笑

 

とりあえずこれだけは言いたい、

CHEMISTRYありがとう

そして

テゴマスちゃんとのコラボを心から待っております。笑